NHKで放送中の連続テレビ小説『エール』(月~金 前8:00 総合ほか)。第13週(22日~26日)は、山崎育三郎演じる佐藤久志にスポットライトを当てた週でもある。主人公・古山裕一(窪田正孝)と出会った子ども時代が描かれ、コロンブスレコードの歌手オーディションで、久志と、かつて音(二階堂ふみ)に歌を教えていた御手洗清太郎(古川雄大)が火花を散らすことになるという展開…。山崎が見どころを語った。

【写真】注目の発声練習シーン

――佐藤久志の役柄についてどう思われますか?

【山崎】久志は歌をうたい、ピアノを弾き、周りから「プリンス」と呼ばれ、ちょっとキザなことを言う。皆さんが思い描くミュージカル俳優としての山崎育三郎に近いかもしれませんね。僕も美しいものにひかれるというのは、久志と同じですが、本当の僕は男四人兄弟で育って、野球をやってという男っぽい世界で生きてきたので、『昭和元禄落語心中』(NHK)で演じた助六の方が近い気もしますね。

 久志は明るく、社交的であるけれど、それは自分自身を守るための立ち振る舞い で、きっと根は繊細でもっと人間的な部分もある んじゃないかと思っていて、表面的な部分だけでなく、そういった 彼の芯の部分も大事にして演じています。

――第12週では、喫茶「バンブー」の店主・恵(仲里依紗)と保(野間口徹)の結婚を後押ししたキューピッドが、幼い頃の久志(山口太幹)だった、というアナザーストーリーに登場。第13週でも久志の子ども時代が描かれます。台本を読んだ時はどうお感じになりましたか?

【山崎】子ども時代の久志は、いつも突然現れて、達観したことを口にしたかと思うと、また突然いなくなるというような少年でした。13週では、それだけではない久志の物語が描かれます。両親が離婚したため、実の母親と離れ離れにならざるを得なかったという、彼の悲しい過去が明らかになるんです。そして、そんな久志を救ったのが音楽だということも。

 13週は、やがて音楽の道を志すことになる久志の原点が垣間見える週でもあります。「こんな過去があったから こそ、 久志は常に明るいんだ」と、思えるエピソードで、僕も台本を読みながらちょっと泣けましたね。人は、つらい経験を通じて人の痛みを知るからこそ強くなれるはずです。久志の達観した考え方や常に冷静でいられる強さは、彼にこんなつらく悲しい過去があったからこそ。僕自身、久志をただのキザな奴としてだけでは終わりたくないと思っていただけに、久志の人間的な部分を視聴者の皆さんにも感じてもらえる機会を得て、とてもうれしいです。

――そして、コロンブス レコードの歌手オーディションで、久志と御手洗が火花を散らすという展開ですが…。

【山崎】御手洗役の古川雄大くんは、ミュージカル界でともに頑張ってきた仲間です。プライベートも含めて長い付き合いがあるので、今回も、2人であれこれ相談しながら収録に臨みました。ぜひ見ていただきたいのは、久志と御手洗が発声練習をする場面ですね。僕たちもアイデアを出しながら収録したシーンなんです。久志と御手洗は、最初別々の部屋で発声練習をしているのですが、そのうち相手の声が してきて、発声しながら近寄っていく。最後には、まるで剣を構えた侍が対峙するように、両者見合いながら発声を続けるという奇想天外なシーンになっています!

 実は、久志と御手洗がにらみ合う場面は、古川くんとアドリブを交えながら演じている部分が多いんです。ミュージカルならではの立ち振る舞いを生かすことで、 久志と御手洗の個性のぶつかり合いを、より面白い形で表現できたのではないかと 思っています。 ぜひ見ていただきたいですね。

――改めて、『エール』という作品が魅力的だと思う点を教えてください 。

【山崎】タイトルが示すように、この作品は、見る方に寄り添い、励ましのメッセージを送るようなドラマです。何よりもそこに音楽の力が加わることで、より強い メッセージ を届けられ る。誰だって音楽は身近にあって、音楽に救われながら生きている人がたくさんいると思うんです。ぜひ『エール』という作品から、音楽の力を感じ取っていただきたい。そして、大変な今だからこそ、全国の皆さんに見ていただきたい作品ですね。