5月6日放送の日本テレビ系バラエティー番組『有吉の壁 笑いの壁に挑む! 激闘2時間SP』(後7:00)が、放送批評懇談会が選定する「2020年5月度ギャラクシー賞月間賞」を受賞した。

【動画】『ブレイク芸人総選挙』から誕生!タイムマシーン3号の”鬼ギャルゾンビ”

 この日の放送では、壁芸人が架空の俳優や女優になりきってスピーチする「スピーチの壁を越えろ!日本カベデミー賞選手権」、「一般人の壁を越えろ!おもしろ富士急ハイランドの人選手権」の未公開映像も交えた特別版、「敗者復活の壁を越えろ!ブレイク芸人総選挙」がオンエアされた。

 受賞理由として「純粋なお笑い番組を成立させることが、難しくなっている昨今のテレビの状況のなかで、ゴールデンタイムのレギュラー番組として『お笑い』だけにこだわった放送を続けている。司会の有吉弘行による芸人愛あふれるムチャ振りに対し、苦しみながらも楽しそうにお笑い脳をフル回転させている芸人たちの姿は、多幸感に満ちている」としている。

 月間賞にはそのほか、『新日本風土記スペシャル 松本清張・鉄道の旅』(NHK)、『ザ・フォーカス ムクウェゲ医師の終わらない闘い』(TBS)、『NNNドキュメント’20 クリスマスソング 放射線を浴びたX年後』(南海放送)が輝いた。