11人組グローバルボーイズグループ・JO1が21日、インタラクティブコンサート『KCON:TACT 2020 SUMMER』に出演。日本人ボーイズグループとして初めて『KCON』出演の快挙を達成した。

【写真】JO1の“イケメン代表”!決め顔を披露した鶴房汐恩&白岩瑠姫&川西拓実

 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成された。3月4日に発売したデビューシングル「PROTOSTAR」は、3月10日発表のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を記録。6月18日発表のオリコン上半期ランキング2020では、アーティスト別セールス部門にて、JO1が新人セールスの2位、作品別売上数部門で「PROTOSTAR(無限大)」がシングル6位を獲得するなど快進撃を続けている。

 さらに、この日は『KCON』に初出演。20日から26日の7日間にわたり、毎日違うコンセプトの仮想空間で行われる新概念インタラクティブコンサート『KCON:TACT 2020 SUMMER』で日本人ボーイズグループとして初めて登場することとなった。

 與那城は英語で世界のファンへメッセージ。ほかのメンバーも各国の言語であいさつし、グローバルにJO1の存在をアピールした。『PRODUCE 101 JAPAN』の懐かしい映像も。川西は「みんなの恥ずかしい映像も…。でも、すごく成長したのを実感しました」としみじみと口にした。川西、河野、金城、與那城はダンス未経験だったが、番組を通じてスキルを挙げた。金城は「豆が叱咤激励してくれました」と教え役を担っていた豆原&川尻に感謝。教えるのに苦労したことを問われた豆原は「苦労したとかはない。全員で頑張ってそろえるのが大変でした」と話し、川尻も「みんなやる気があるので、みんなで一緒に練習してきました」と笑顔で振り返った。

 そして豆原、川尻、川西、白岩がWanna One「Energetic」のカバーダンスを披露。圧巻のパフォーマンスで大盛上がり。また、與那城がギターを手に河野、金城と共に「スタンド・バイ・ミー」を弾き語り。甘いハーモニーでファン、メンバーをメロメロにさせた。與那城は「めっちゃ緊張した」と照れ笑いを浮かべていた。“イケメン代表”として川西&鶴房&白岩が決め顔披露のコーナーも。気恥ずかしそうにポーズする3人に視聴者は大歓声だった。

 また、特技披露のコーナーも。空手で黒帯の実力を持つ金城はバット折りに挑戦。ポーカーフェイスでバットを真っ二つにすると、足を上げながら「大丈夫です」と平然と言いのけていた。直後に豆原はけん玉を持ち出し、佐藤考案の新技を試したが惜しくも失敗…。「また、挑戦します!」とライブでのリベンジを誓っていた。さらに大平はメイクのポイントを伝授した。

 質問コーナーでは、付き合いたい人を発表することになった川尻は「僕です」とニヤリ。「理由は僕が1番、優しいから」と笑顔を見せると、メンバーから「おいおい!」と総ツッコミ。ゲームコーナーもあり、ヤングメンバーVSアダルトメンバーでイントロクイズが行われた。木全の2問連続正解などの活躍もあり、ヤングチームが見事に勝利。負けたアダルトチームは激辛料理を食べて、見事なリアクションを見せていた。

 最後に2ndシングル「STARGAZER」を8月26日に発売することをサプライズで発表。1時間の生配信は、あっという間に終了した。