ラグビーの福岡堅樹選手が19日、福岡・ペイペイドームで行われたプロ野球の開幕戦の福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズで“バーチャル始球式”に登場した。

【写真】『ハニーズ』個別ショット 全身写真も!(全60枚)

 本来の開幕予定だった3月20日も福岡選手が投げる予定だったが、きょう19日に“スライド登板”が決定。事前に収録した映像をホークスビジョンに放映する異例の“バーチャル始球式”となった。

 スーツ姿の福岡選手は「ラグビー選手の福岡堅樹です」と自己紹介。そのまま、エアで投球し「スポーツの力で日本を盛り上げましょう」とメッセージを送った。

 球団を通じて福岡選手は「今回のバーチャル始球式、初めての経験ですごく新鮮でしたが、いつかちゃんと皆さんの前で投げられたらいいな、と楽しみにしています」とコメント。開幕を迎えた球界について「ほかのスポーツに先駆けて新しいスポーツの形を示してくれているプロ野球界の皆さんは、本当に素晴らしいと思います。こういう時だからこそスポーツの力が必要です。スポーツ界全体で1つになって日本を盛り上げていきましょう」と感謝の言葉を紡いでいた。