シンガー・ソングライター米津玄師の2年9ヶ月ぶりとなるニューアルバム『STRAY SHEEP』(8月5日発売)の収録曲が解禁となり、昨年5月、菅田将暉に楽曲提供し、同6月にYouTubeで公開されたミュージックビデオが1億再生超えの「まちがいさがし」をセルフカバーすることが明らかになった。新曲も8曲収録される。

【画像】米津玄師ニューアルバム『STRAY SHEEP』収録曲一覧

 CDにはすでに発表されている「Lemon」「馬と鹿」「パプリカ」のほか、26日に初回放送を迎えるTBS系ドラマ『MIU404』主題歌「感電」、RADWIMPSの野田洋次郎との初のコラボレーション楽曲「PLACEBO + 野田洋次郎」など全15曲が収められる。

 本作は「おまもり盤(初回限定)」(CD+ボックス+キーホルダー)、「アートブック盤(初回限定)」(CD+Blu-ray+アートブック)、「アートブック盤(初回限定)」(CD+DVD+アートブック)、「通常盤」(CD)の4形態でリリース。

 アートブック盤のみに同梱されるDVD/Blu-ray映像の内容も明らかになり、昨年行われた自身初のアリーナツアー『米津玄師 2019 TOUR/脊椎がオパールになる頃』のファイナル、千葉・幕張メッセ公演(2019年3月11日)を完全フル尺で収録することが決定した。

 同公演では「LOSER」や「ピースサイン」など盛り上がり必至な定番曲をはじめ、「amen」「Undercover」など演出で鮮烈な印象を残したブロック、代表曲「Lemon」、会場と一体になった「ごめんね」など、アンコールやMCを含む全21曲が完全収録される。ライブ映像全編を収録するパッケージは今作が初となる。

 アートブック盤にはさらに、「Lemon」「馬と鹿」「パプリカ」を含む全6曲のMVも盛り込まれる。これらのMVのYouTubeでの総再生数は10億回超えで、ファン待望の初商品化となる。96Pの豪華アートブックも同梱され、米津玄師楽曲の世界観を余すことなく堪能できる。