吉本興業が運営するルミネtheよしもと(東京・新宿)が19日、劇場の客入れを再開した。お笑いコンビ・タカアンドトシが出演したが、代名詞とも言える強烈なツッコミが使えずにボヤきが止まらなかった。

【写真】検温を行い会場入りするタカアンドトシ・トシ

 タカは「出会ってから2週間、会わないことなんて今まで1度もない。30何年以上」とぽつり。また、約3ヶ月ぶりの客前での漫才とあってかタカは舌が回らず、トシから「ヒドいな、ブランクが。さっきからフワフワしてるよ」とあきれ気味。タカは「全然、しゃべれてない。気持ちは若いけど、口が衰えている。もう、止めましょう…」と照れ笑いした。

 仲良しコンビとして知られる2人。ただ、漫才中はコンビの間にはアクリル板が設置された。本来であれば、トシの頭をなでるボケも接触しない変更が。さらに2人の代名詞でもある強烈ツッコミも“封印”された。ボケても頭を叩かれないタカは「叩いてよ!」と懇願。しかし、トシから「無理だよ! 俺が叩いたら問題になるんだよ」と冷たくあしらわれていた。

 この日は、ルミネtheよしもとのほか、なんばグランド花月(大阪・なんば)、よしもと幕張イオンモール劇場(千葉・幕張)も観客を入れた営業を再開する。7月12日までは金曜から日曜、週3回公演を行う。