お笑いコンビ・爆笑問題や作家の辻仁成氏が所属する芸能事務所・タイタンのコミュニケーションカレッジ「タイタンの学校」が、きょう14日より4期生の資料請求、入学願書受付を開始した。

【写真】『タイタンライブ』6月公演の模様

 エンタメ業界に限らず、さまざまな個性を持った人材が求められる現代社会において、同校では成功する要素を『面白い+α』とし、この「+α」に注目。“チャレンジ”を学ぶことで人の感性を刺激していく同校の特別講師は、同社社長で太田光の妻である太田光代氏のほか、辻氏やテレビプロデューサーの菅賢治氏ら。レギュラー講師には元フジテレビアナウンサーの山中秀樹をはじめ、イラストレーターの326や大渕愛子弁護士、各種番組の放送作家などエンタメシーンで活躍する人材がそろっている。

 即戦力の発掘・育成を行う「芸人コース」、エンタメ業界への就業を目指し、そのノウハウ学びたい受講生に向けた「一般コース」を募集。入学資格は、18歳以上65歳未満で、開催期間は2021年4月下旬から22年3月31日までを予定している。