お笑いコンビのミルクボーイが、28日放送の『ニッポンを釣りたい!つり-1グランプリ 芸能人伝説の格闘SP』(フジテレビ系 後4:05)で、地上波全国ネット初単独MCに挑戦する。

【写真】妻との思い出の『M-1』シールを公開したミルクボーイ内海

 今年21年目を迎える本シリーズは、過去20作品で100人を超える芸能人が出演し、北海道から沖縄まで、日本各地でさまざまな釣りに挑んできた。今回は「つり-1グランプリ」と題し、20年分の歴史を振り返りながら、巨大魚との格闘シーンの歴代ナンバーワンを決める。

 そのMC兼審査員という大役を任されたのが、釣りの経験はほとんどないというミルクボーイ。今回の出演について、内海崇は「なんで僕たち? もっと適任がいたでしょう!?」と疑問をぶつける。番組スタッフが「“グランプリ”つながりで…」と説明すると、すかさず駒場孝も「何もつながってないですよ!」とツッコミを入れた。

 2人の釣り経験は、小学生時代までさかのぼる。内海は、友だち家族と港から釣りに行ったことがあり、当時、根がかり(釣り針が海底の岩に引っかかること)して「地球、釣ったね」と言われて、意味も分からず喜んでいたと明かす。一方、駒場は幼少期を沖縄で過ごしていたことから、小学生の頃は堤防などでよく釣りをしていたが、大人になってからはその機会もなくなったと打ち明ける。

 そんな2人は、過去作品の映像を見始めても「魚の名前を聞いてもピンとこないな…」と少し不安な表情。しかし、巨大魚との格闘シーンになると、2人とも「頑張れ!」と前のめりで声援をおくるほど夢中に。坂口憲二や市原隼人ら、計5組による巨大魚との名勝負を見終えると「それぞれの釣りに良さがあるから、審査が難しい」と頭を悩ませた。

 収録を振り返り、駒場は「20年分のベスト5を見ることができて、いいとこ取りですよね。素人の僕たちも、釣りの魅力に引き込まれました。審査員の立場は緊張しますね。どの釣りも順位をつけがたかったです」とコメント。内海は「僕らが審査をして大丈夫かなと最初は不安でしたが、楽しかったです。釣りの豪快さを味わえました。獲物がかかったときの、あの表情はとてもいいですよね。視聴者のみなさんにも『うわー!』とか『頑張れ!』とか、声を出しながら見て、ストレス発散してほしいです」とメッセージを送った。

 番組にはそのほか、武田真治、河北麻友子も出演する。