俳優・神木隆之介(27)がデビュー25周年記念プロジェクト第1弾として、自身初となるYouTube公式チャンネル『リュウチューブ』を開設した。毎週木曜午後8時に新コンテンツを配信予定で、第1回はきょう18日午後8時から配信開始。公私ともに親交の深い佐藤健からのお祝いコメントも届けられた。

【動画】神木、YouTube始めるってよ。

 『リュウチューブ』は、都内某所に設けられた神木の“秘密基地”からコンテンツを配信。本人が関心を持つさまざまなトピックスをテーマに、等身大でナチュラルな姿を届ける。

 本人念願のチャンネル開設することになったものの、初心者の神木は「まず、何からすれば…」状態に。開設にあたって最低限“チャンネルアート”が必要なことをスタッフから教えてもらい、自らそのデザインを手がけることにしたが、なかなかイメージが固まらず迷走。悩みに悩みぬいた末の直筆“チャンネルアート”の出来栄えはいかに!? また、「こんなこと、メディアで言うのは初めてです」という知られざる一面もみせる。

 記念すべき初回配信とあり、同じ事務所の佐藤健(31)からのお祝いコメントも到着。神木のプライベートもよく知る佐藤は「今まで隠してきた神木の素の部分を見せるんでしょ? 大幅なプラン変更ですか?」と言いつつも、「アクセル全開で、普段の神木を見せていってほしい」と期待した。

 2回目以降も、今まで見せていなかったマニアックな趣味の部分やチャレンジ企画、ファンとのつながりを意識した企画、ゲストを迎える企画などを、毎週木曜午後8時に配信予定となっている。

 また、デビュー25周年記念プロジェクトのオリジナルロゴも完成。「ロッテ・キシリトール」「明治おいしい牛乳」などのパッケージデザインを担当し、NHK Eてれ『デザインあ』の総合指導を務めるグラフィックデザイナーの佐藤卓氏が描き下ろした。

 ロゴのテーマは神木の名字にちなんだ「神が宿る木」。神木本人の印象にもぴったりのロゴを描き下ろした佐藤氏は「神木は、神の木。神が宿る木です。この神々しい名前を、優しい印象、そして温かい色を使いマークにしました。根と幹と枝を『神』がつくっていて、そこに葉が茂りこれからどんどん大きくなっていくイメージです。そしてよく見ると、幸せを運ぶ小鳥が一羽、とまっています。この小鳥が、神木さんの気持ちを、多くの方に運んでくれます」と解説した。