女優の浜辺美波(19)が、22日発売のビューティー誌『VOCE』8月号(講談社)「通常版」の表紙に登場。8月の20歳の誕生日を前に、極上の麗しい表情で10代最後の表紙を飾った。

【写真】『VOCE 8月号』増刊表紙を飾る宇野実彩子

 多数のドラマ・映画・CMで活躍する旬の女優が、初めて『VOCE』カバーに起用。表紙の撮影が始まると、あどけない少女のような表情を見せたり、色っぽい大人の女性の眼差しを向けたりと、さまざまな姿を披露し、その豊かな表現力にスタッフ一同が驚かされた。

 インタビューでは『美波の“現在”と“これから”』をテーマにプライベートから仕事のことまでたっぷりとトーク。そこでもキラキラと光る瞳は、ハンパない吸引力を放ち、まっすぐにインタビュアーを見て受け答えする浜辺に、編集部が気後れしてしまうほど。かと思えば、「今はまっているものは?」の問いに「ホルモンです!」と無邪気に回答し、家で一人焼き肉をしたことを楽しそうに話した。

 ほかにも、他にもステイホーム中の生活で、弟のために1週間かけてミサンガを作ったという家族想いのエピソードも。これからの仕事については、「年齢を重ねて、いろんな役にどんどん挑戦していきたい。いつか“お母さん”という役も」と今の思いを語った。ハタチ直前という、少女と大人の女性を行き交う今だからこその浜辺の魅力がたっぷり凝縮されている。

 また、同号「増刊」の表紙は、AAAの宇野実彩子が登場。本誌では12ページの大特集があり、8時間にもわたる長い撮影&取材となったが、撮影中は鼻歌を歌ったり、スタッフと楽しく話ししたり、明るい宇野にスタッフ一同癒やされたという。

 Kis-My-Ft2の人気連載「キスマイと過ごす“大人な休日ダイアリー”Sweet Moment』は、前号に引き続き、キスマイメンバーがセルフプロデュースしたスペシャル企画を、4ページの拡大版でお届け。「Kis-My-Collection」と題して披露するのは、7人の妄想デートコーデ。2つのデートシーンをテーマに、“オール私服”でみずからスタイリングし、撮影からコーディネートのタイトル設定に至るまですべてプロデュースを手がけた。

 コーデのポイントや理想の彼女コーデを語る、実に個性に満ちた細やかなコメントも掲載。さらに、7人が実際のグループメールを使って全員トークも実施し、メンバー同士のやりとりをそのまま公開する。チームワーク溢れるメールトークは必見の内容で、ときめき満載のぜいたくな企画となっている。

 同号にはそのほか、Matt×ダレノガレ明美のビューティー対談も掲載される。