新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていたプロ野球公式戦。感染拡大防止対策を講じ、3ヶ月遅れの今月19日(金)に、無観客ながらついに開幕を迎える。開幕延期により120試合制、同一カード6連戦、選手の負担を軽減するためのベンチ入り人数拡大、そして無観客試合…など、異例づくしとなる2020シーズン。その中でも、開幕を待ちわびていた野球ファンにとって衝撃だったのは、球場に足を運ぶことができない無観客試合ではないだろうか。

【写真】プロ野球応援風景

 20日の開幕第2戦「埼玉西武ライオンズ×北海道日本ハムファイターズ」、21日の開幕第3戦「福岡ソフトバンク ホークス×千葉ロッテマリーンズ」を生中継するテレビ朝日では、無観客試合でも“思いを一つに!”をテーマに、オンラインツールを使用して各球団のファンとつながる新たなスタイル「リモート応援」と、ファンの声援を音声で再現する「大歓声再現」を試みることになった。

■6月20日「西武×日本ハム」
テレビ朝日 後1:55~4:00
BS朝日 後1:56~4:56(最大延長~後5:56)

 2年連続本塁打王の山川穂高選手、昨季捕手として史上4人目の首位打者を獲得した森友哉選手ら野手タイトルを総なめにした強力打線と、話題に事欠かない西武。一方で、3年目を迎えた清宮幸太郎選手を擁し、昨季5位からの逆襲を誓う日本ハム。“帰ってきた野球”の魅力を余すことなく伝える。

 この日の中継では、両チームのファンがオンラインで集結。見守るファンの声援やリアクションで無観客試合を盛り上げる。さらに、応援に合わせファンの思いが込められた選手たちの応援歌をテロップ化。オンライン上で一つになった歌声は、きっと選手にも届くはず! テレビで戦況を見つめるファンが一つになって熱いエールを送ろう。また、ファンが選手たちへ送った大声援を“音”で再現する「大歓声再現」演出も実施。スタンドにファンがいるかのような臨場感を演出する。


■6月21日「ソフトバンク×ロッテ」
テレビ朝日 後1:55~3:20
BS朝日 後1:55~5:00(最大延長~後5:55)

 この試合でも、オンラインツールを使用してファンが一つになるリモート応援中継を行う。また、「ABEMA」と連動し、野球好き芸能人・OB解説者による特別企画も実施。ソフトバンクOBの多村仁志、ロッテファンの藤田憲右(トータルテンボス)が登場し、スペシャルトークライブを行う。コメント機能を使ってファンと交流しながら、長年のファンだからこそ話せること、とっておきの裏話なども披露し、熱い戦いを大いに盛り上げる。

 さらにテレビ朝日がこれまでにも行ってきた野球中継内での生ツイッター連動も実施する。「#野球の時間」を付けた視聴者からのメッセージを募集。リモート応援中継と合わせて、選手に熱い思いを届けよう。