きょう18日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)では、先週に引き続いてロックダウン緩和後のマレーシアでのGACKTの生活ぶりに密着、収録には、GACKT本人もリモートで参加。スタジオゲストとして、カズレーザー(メイプル超合金)、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、本仮屋ユイカが出演する。

【写真】GACKT、マレーシアの自宅を大公開

 今週は、GACKTの新ビジネスの全貌に迫っていく。新型コロナの影響で、世界中で自粛生活が続いている中で、GACKTは「とにかく、この自粛中にいかにスキルアップした自分でスタートできるか」との思いを告白。そんなGACKTが、今年になって始めた新ビジネスのひとつがYouTubeだ。

 オフィシャルYouTubeチャンネル「がくちゃん」では、寝起きドッキリや入浴シーンなど、普段見ることのできないGACKTの素顔が見られるとあって、開始わずか半年でチャンネル登録者数が45万人を突破するなど、圧倒的な人気を誇っている。そして、この自粛期間中に「がくちゃん」は、さらなる進化を遂げていた。

 まずは、英語だけでなくフランス語、中国語など、5ヶ国語をマスターしているGACKTが、その特技をいかし、本気で英語の発音を極めたい人に向けた「英語ガク習塾」を開講。GACKTのアーティスト仲間で、L'Arc~en~Ciel、VAMPSのボーカリスト・HYDEも同動画を見ており、GACKTは動画を見たHYDEからの意外な感想を披露する。

 そして、ストイックなトレーニングで知られるGACKTが自らトレーニングを指導する「ガクザップ!」。さらには、豪華ゲストを招いた「オンライン飲み会」の有料生配信と、進化と拡大を続けるGACKTの動画ビジネス。その背景にある彼の狙いとは。

 5年前にマレーシアでビジネスパートナーとともに、GACKTは世界の富裕層向けに高級不動産物件を販売する会社を設立。しかし、新型コロナウイルスの影響で、物件の内覧もままならず、2月頃から売り上げはゼロだという。そんな厳しい状況の中、GACKTは、5月から海外居住者や、海外移住希望者に向けた新ビジネスの「オンラインサロン」をスタートさせていた。

 GACKTは今年、ソロデビュー20周年を記念した全国ツアーを行っていた。しかし、新型コロナウイルスの影響で、2月末に福岡で予定していたツアーファイナルが延期に。リハーサル中に、ダンサーが酸欠でダウンするほどに厳しいGACKTの現場。それは、常にプロとして最高のパフォーマンスをファンに見せるために、一切の妥協を許さないストイックな姿勢からくるものだった。そんな高いプロ意識を持つGACKTが、ライブ延期を決断した切実な舞台裏をテレビで初告白する。