ニッポン放送の野球中継『ショウアップナイター』がプロデュースする、オンラインイベント『ショウアップナイターオンラインファンミーティングsupported by KIRIN』が、17日に開催。2日後の19日にプロ野球が開幕することにちなみ、甲子園出場経験のあるお笑いコンビ・TIM、フリーアナウンサーの鷲見玲奈がゲスト出演し、抽選で選ばれた50人の一般参加者とともにお酒を飲みながら、熱い野球トークを繰り広げた。

【写真】春らしい写真で…テレ東退社を報告した鷲見玲奈アナ

 乾杯の音頭は、里崎智也氏が務め「ショウアップナイターオンラインミーティング! ルールを守って、楽しく盛り上がりましょう!」とあいさつ。会場の野球解説者、ゲストそして、オンライン上のプロ野球ファン50人全員と熱い乾杯を交わした。その後「ここが違うよ!プロ野球2020」と題し、試合数の変更や、当面の無観客での開催など、昨年までとの相違点を中心に野球トークを繰り広げた。

 選手の登録枠が変更になることについて、ショウアップナイター解説者の里崎氏が「監督のマネジメントがポイントになる」と指摘。テレビ東京時代にプロ野球の取材経験も豊富な鷲見アナは「(選手を使うのが)うまいのは誰?」と里崎に直球質問で返すなど、イベントも徐々にヒートアップしていった。

 ゲストによるペナントレース順位予想では、鷲見アナウンサーは1位にDeNA、2位に阪神、3位に中日、巨人は5位と驚きの予想。「DeNAは投手陣が充実している。勝利の方程式は健在」と分析した。TIMのレッド吉田は、1位に巨人、2位にDeNA、3位に広島、ゴルゴ松本は、1位に巨人、2位に広島、3位はヤクルトと予想した。

 最後に鷲見アナは「みなさんとお酒を飲みながら、そして、時間を共有しながら野球談議ができて本当に楽しかったです」と語り、吉田は「野球ファンの方と一緒にこうやって野球談議ができたのは面白かった。ひとつになれた感じがしました」、ゴルゴ松本は「待ちに待ったプロ野球開幕。120試合がどんなドラマを生むのか期待している」と話し、ニッポン 放送にとっても初めての試みとなるショウアップナイターオンラインファンミーティング は幕を閉じた。