NHK総合で7月4日、NHKスペシャル『タモリ×山中伸弥「人体 VS ウイルス」~驚異の免疫ネットワーク~』(後7:30~8:43)が放送される。かつて放送された、「人体」シリーズでコンビを組んだ、タモリと山中伸弥教授(京都大学 iPS細胞研究所 所長)が、再タッグ。今回は新型コロナウイル スの謎に徹底的に迫る。

【画像】新型コロナウイルスとの戦いを描いた作品が続々

 生命が誕生して40億年の歴史の中で、幾度となくウイルスと闘ってきた結果、私たちの体内には、驚くほど精緻なウイルス防御ネットワーク、つまり「免疫」が存在している。ところが、新型コロナウイルスは、その免疫の常識を次々とくつがえ す力があることがわかってきた。

 例えば、そもそも、私たちの体の細胞はウイルスに感染すると、免疫の攻撃部隊を呼び寄せる警報物質を大量に放出するが、新型コロナウイルスは巧みにこれを阻止する、巧妙な仕組みを備えている。

 新型コロナウイルスは、いったい何者なのか? 免疫力を高めるために、本当に必要なことは何なのか? 体内のミクロの世界を最先端の8K顕微鏡などを使って撮影した映像や、精緻なCGで鮮やかに描き、タモリ・山中コンビならではの視点で、パンデミックを生き抜くカギを探る。

 今回の番組について、タモリは「1年前『人体 II 遺伝子』の時には、こんな新型コロナの時代がくるとは予想もしませんでした。これまでの歴史で人は何度もウイルスと闘い・克服し・共存してきたとのこと。人体にウイルスと闘うどんな力が備わっているのか、番組が楽しみです」と、コメント

 山中教授は「再びタモリさんと出演させていただけること、大変光栄に思います。今回の番組は、今まさに関心の高いウイルスについてです。多くの方にご覧いただき、少しでもわかりやすく伝えられるよう、頑張りたいと思います」と、意気込んでいる。

■NHKスペシャル人体シリーズ 特設ホームページ
https://www.nhk.or.jp/special/jintai/