ギニア出身タレントのオスマン・サンコン(71)が18日、東京・広尾で日本の斬新なアイデア商品を紹介することでアフリカの支援につなげる『サンコンプロジェクト』の第1弾のポップアップストアをオープン。名誉店長として、参加した。

【写真】ギニアの国旗カラー赤・緑・黄色のマスク収納ケースを見せるサンコン

 サンコンにとっても新型コロナウイルス感染症の拡大は恐怖だったそう。日本に来て約50年が経過しているが「コロナが来て生まれてはじめての恐ろしいものを経験した」と話す。そんな中で、ポップアップストアでは京都の縫製工房が開発した「飛沫感染プロテクター」と「マスク収納ケース」を販売。出身地のギニアの国旗カラーである赤、黄色、緑の収納ケースを販売するサンコンは「アフリカは、これからが大変。日本の素晴らしい車や時計だけじゃなくて、素晴らしいアイデアも愛する日本から母国へ。お金やモノだけじゃなくて、ノウハウも」と思いを熱弁した。

 アフリカの中でもギニアはコロナ禍で大変な事態に。「非常事態宣言も伸びている。何人が亡くなるかわからない」と心配する。幸いにもサンコンの知り合いで感染した人はいないそう。「いつ、どういうふうに感染するかわからない。とても心配ですね」と口にしていた。

 外出自粛期間中は料理や読書をしていたそう。「1日、じーっとしてるの大変だなと感じました」としみじみ。18年8月に演歌歌手の北山みつきと結婚しており「奥さんといるのは楽しかった。でも、途中でイライラしたりもしたよね(笑)。人間は、みんな同じだよね」と夫婦関係を語り、笑わせた。

 また、芸能界では、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(47)が、複数女性との不倫により活動自粛したことが大きな話題に。ギニアは一夫多妻制で、北山は第3夫人となっているため、サンコンは「サンコンみたいに一夫多妻にした方がいいんじゃない?」と冗談まじりにトーク。続けて「ちょっと異常ね。女性も人間だから心が痛むよ。(不倫は)いいとは思いません。なんで一夫多妻にするかと言うと、みんな家族なの。とっても大事。そういう扱いはダメ」と断罪していた。

 ポップアップストアはきょう18日から21日、26日から28日まで。売上の一部はアフリカへ送られる。