俳優の廣瀬智紀、女優の北原里英が18日、映画『HERO~2020~』(6月19日公開) の前夜祭オンライントークイベントに参加した。

【写真】廣瀬智紀&北原里英が距離を置いて並ぶ

 “秘密”を抱え、明日に踏み出せないでいる主人公・広樹を廣瀬、広樹の恋人・浅美を北原が演じる。本来であれば、公開日のあす19日に舞台あいさつする予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になり、オンラインイベントを開催。北原は「オンラインイベントでみなさんに会えて、うれしく思います」と笑顔を見せ、公開延期というプランもあったことを明かしながら「その1歩が誰かを幸せにするかもしれないという本作のテーマに寄り添い公開を決めました」と裏話を語った。

 廣瀬は「このコロナの自粛期間で自分の仕事と向き合う時間ってたくさんあったと思います。僕は、お芝居を仕事にしている。改めて、お芝居の仕事をシンプルに考えると、人を笑顔にするとか、勇気付けるとか、人の感情を揺り動かして変化を与えることが楽しい」といま抱えている思いを話す。続けて「自分たちの仕事の成果を出せる場が失われることによって、存在意義を考えた。でも、こうして19日に公開される。不安な部分もあると思いますけど1歩、踏み出すことで何か生まれたら」とメッセージを送っていた。

 本作は昨年夏に舞台『HERO~2019夏~』として上演。メガホンを取るのは舞台の脚本と演出を務めている西条みつとし氏。西条氏は、ピン芸人として活動後、12年に自身が主宰する劇団『TAIYO MAGIC FILM』を旗揚げ。齊藤工監督の映画『blank13』(2018年)やテレビ東京のドラマ24『下北沢ダイハード』、『オー・マイ・ジャンプ! ~少年ジャンプが地球を救う~』などの脚本を務めており、本作で長編映画監督デビューを果たす。

 オンライントークイベントには小早川俊輔、中村涼子、米千晴(TAIYO MAGIC FILM)、小槙まこ、双松桃子、伊藤裕一、根本正勝、西条監督も参加した。