モデルで女優の松井愛莉が17日、都内で行われた映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』(7月3日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。今作で映画初主演を飾り「緊張していたのですが、きょう共演者の方々とお会いして、この映画が完成したのだと思ってうれしい気持ちと、不思議な気持ちになりました」と感慨深げに心境を明かした。

【横からショット】ふっくらしたお腹登場…シースルーワンピ姿を披露した橋本マナミ

 同作は、新卒で広告代理店へ入社し、忙しく働く主人公・一之瀬里奈(松井)が仕事に挫折して、心が折れてしまったなかでセラピストという職業に出会い、自分を、そして周囲の人の心と身体を癒していく姿を描く。

 新米セラピストという役どころとあって、クランクイン前から猛特訓に励んだという。撮影で松井から施術を受けた劇団EXILE・八木将康は「最初は何も感じなかったんですけど…」とぶっちゃけつつ「撮影していくうちに役とともに施術も成長していき、癒されました」と、その成長ぶりを絶賛。これには松井も「はじめましてで『何も感じない』と言われたときは、嫌われたのかなと思っちゃいました」と笑いながら振り返った。

また、作風になぞらえて「ステイホーム中に試みた癒やし」を問われた松井は「植物栽培」を挙げ、「育てているのは大葉、パセリ、オリーブ、それとラベンダーの種を植えました。自分で育てた葉っぱを食べるのが幸せで、取り立てなので香りにも癒やされました」と笑顔で語っていた。

 この舞台あいさつは一般の観客は招待せず、ソーシャルディスタンスを取った形で行われ、松井らのほか、水野勝、秋沢健太朗、橋本マナミ、渡辺裕之、藤原紀香、篠原哲雄監督が出席した。