女優の篠原涼子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)第1話が17日放送され、初回平均視聴率が14.2%(世帯)7.7%(個人)だったことが18日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。なお、新型コロナウイルスの影響で撮影が一時中断、2ヶ月遅れでの開始となったが順調なスタートダッシュとなった。

【写真】『ハケンの品格』13年前とポスタービジュアルが同じ!?細かな違いにも注目

 同ドラマは、2007年放送、平均視聴率20.2%と支持を得た人気作の続編。篠原演じる主人公で一匹狼の“スーパーハケン”大前春子の活躍を描く。前作からは、小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔、大泉洋に加え、新メンバーとして杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan/ジャニーズ Jr.)、塚地武雅、伊東四朗らが出演している。

 第1話では、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業戦略課の課長になった里中賢介(小泉)が伝説の派遣社員・大前春子を呼び戻す。 旭川支社長補佐の東海林は春子との再会に感激するが、春子は完全に無視。そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子だったが商談は決裂寸前。すると里中の携帯に、新人ハケンの小夏(山本)からSOSが入り…。