女優の清原果耶が映画初主演を務める『宇宙でいちばんあかるい屋根』(9月公開)の2種類のポスタービジュアルが18日、解禁になった。

【画像】清原果耶と桃井かおりが話すポスタービジュアル

 清原演じる物語の主人公・つばめは、実父と血のつながりのない母との間に子どもが産まれることで感じる疎外感、実母への思い、幼なじみへの恋心など複雑な感情を抱く女子中学生。ある日、ド派手な身なりで、キックボードに乗ったあやしい老婆“星ばあ”(桃井かおり)と出会ったつばめ。いつしか、2人はお互いの心のどこかに空いた穴を埋め合うように距離を縮めていく。恋に家族に悩みを抱えた14歳の女の子と星ばあによるひと夏の青春が紡がれる。

 解禁されたポスタービジュアルは、中学生らしくも、どこか退屈な表情を見せるつばめ(清原)が「ねえ星ばあ、私はどんな屋根の下で生まれたんだろう―」と、悩みを抱える彼女の様子を表現。一方、クラゲ水槽の幻想的な雰囲気が特徴なビジュアルでは、つばめと星ばあがなにか楽しそうに話をしている様子が写し出されている。