お笑いトリオ・四千頭身が、17日放送のテレビ朝日系『あいつ今何してる?』(毎週水曜 後7:00~8:00)にゲスト出演。メンバーの後藤拓実が“笑いの始まり”とまで言い、自らの人生に大きな影響を与えた初代相方でもある親友と、爆笑&涙の再会を果たす。

【写真】イナズマイレブンの染岡みたいなピンク髪の後藤

 各界から迎えたゲストが卒業アルバムを見ながらの事前打合せをもとに、スタッフが音信不通となっている懐かしい同級生の“今”を調査し、VTRで驚きと感動の再会を実現させる番組(MCはネプチューン)。

 今回、事前の打ち合わせで、小学生時代の同級生について印象に残るエピソードを語っていく後藤。一方、都築拓紀と石橋遼大は、 “小学生の後藤”はどんな男の子だったのか。同級生たちは後藤をどう思っていたのか、などを、後藤に内緒で調査に向かい、後藤の同級生から直接聞き出していく。

 後藤が「会いたい」と再会を希望したのは、「めちゃくちゃおもしろかったです」、「ずっと遊んでいました」、「友人の中で一番おもしろかった」という男子同級生。後藤が彼との出会いで「初めてお笑いというものを意識した」というほどの人物だという。VTRが始まると、都築と石橋が調査員を買って出たことを知らなかった後藤は、「えーーー⁉」とただただ驚くばかり。

 都築と石橋は同級生の案内で、小学校時代に後藤と足しげく通った店に行くことに。出迎えた店主の意外な行動に、後藤もうれしそうな笑みを浮かべる。その後、同級生に話を聞くと、当時ふたりは子どもながらに、真剣にお笑いを目指していたことが判明。人生初の相方と、後藤はコンビ名まで考えていたようで…。もし小学生時代の夢を叶えていたら、四千頭身は存在しなかったかも。後藤が恥ずかしさで顔を赤くした、衝撃のコンビ名も明かされる。そして、その同級生は当時から得意だった人気芸人の“ギャグ”もフルパワーで再現。後藤も「やっぱり面白い!」と大興奮だった。

 お笑いに加え、スポーツでも抜きんでた才能を持っていた同級生が現在、何をしているのか聞いていくと、実は3年ほど前に地元の成人式で後藤を見かけていたそう。しかし、あえて声を掛けなかった理由や、後藤の活躍に大いに感謝しているとも語る。その言葉に後藤も思わず「泣きそうになった…」と心に響いたようで…。

 さらに、番組のファンだという彼は、四千頭身の活躍を見るにつけ、ひそかにこの番組からのオファーが来るのではないか、と期待していたそう。『あいつ今何してる?』の番組出演依頼がどのように行われているのかも、彼の口から明かされる。

 このほか、3歳で俳優デビューを果たし、天才子役と呼ばれた坂上忍の“つらい子役時代を支えてくれた”男同士の熱い友情秘話などを再編集して放送。中学時代、子役として活躍していた坂上は不良グループに目を付けられる事態に。「一番怖い目に遭ったとき、付き合ってくれた」という、男気にあふれ、文武両道だった男子同級生と感動再会。坂上もまったく想像しなかった今の暮らしと職業が判明する。

 さらに「こんなになっているの! 変わりすぎだろう!」という漫画が天才的にうまかった同級生の意外な現在に加え、同級生たちが坂上のために大集合。「もうやめて!!」と、坂上が大慌てした恥ずかしすぎる超貴重映像で“忘れたい黒歴史"がさらされる。