新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中断していた、WOWOW開局30周年記念『連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~』(今冬放送予定)の撮影がこのほど再開され、主演の吉田羊からコメントが到着。特報映像と新たな場面写真も解禁された。

【動画】『コールドケース3』特報映像(15秒)

 同ドラマは、吉田、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和らが共演するクライムサスペンスシリーズの第3弾。シーズン3となる今作では、吉田扮する石川百合が率いる神奈川県警捜査一課チームの結束力はさらに高まり、闇に葬られた悲しき事件の真実が次々と明らかになる。さらに今作では、今まで語られることのなかった
各キャラクターの物語も見どころとなっている。監督は、『サイレント・トーキョー』の公開を控える波多野貴文監督をはじめ、「連続ドラマW 殺人分析班」シリーズの内片輝監督、『連続ドラマW ミラー・ツインズ Season2』の守下敏行監督、音楽は『メアリと魔女の花』の村松崇継が引き続き参加している。

■吉田羊のコメント

――撮影が再開して

【吉田】再開初日に現場に入ると、2ヶ月前と変わらないスタッフの皆様がそこにいてくださり、まず驚きました。メンバーが変わっていないことにも驚きましたし、同時に再開を楽しみに待っていてくださったのだと感じました。

 1人1人が本当に楽しそうに、うれしそうにお仕事していらっしゃる姿を見た時に、「必ずやこのシーズン3を撮りきるんだ!」という強い気持ちで、2ヶ月を耐え忍び、そして再び集ってくださったんだなと感じ、なんだかグッと胸にくるものがありました。

 そして捜査一課の4人も、この2か月間で幾度となく「元気ですか?」と連絡をくださって、シーズン1、2を経て、「あ、ここまで5人の絆が深くなっていたんだな」と改めて感じられてうれしかったです。この5人を軸にスタッフ・キャスト、皆一丸となって、ドラマとしての更なる高みを目指して必ずや撮り終えたいという気持ちでおります!

――視聴者へメッセージ

【吉田】シーズン3を楽しみに待っていただいている皆さん、本当にありがとうございます。冬だった季節もいつの間にか自粛期間を経て夏になり、キャストは引き続き冬服で、スタッフさんは炎天下で重たい機材を抱え、走り回って1シーン1シーン大切に、『コールドケース』の世界観を作り上げております。このシーズン3でも本当に素晴らしいゲストの皆さんと、もちろん音楽にもこだわりつつ、さらに進化したシーズンを皆さんへお見せできるのではないかと思っております。必ず皆さんの心を震わせる面白いドラマをお届けしますので、期待して待っていていただけるとうれしいです。必ず帰ってきます。