ギタリストのMIYAVIが17日、イタリアのファッションブランド『グッチ』がグローバルに展開する『Gucci Off the Grid collection』(グッチ オフ ザ グリッド コレクション)の広告キャンペーンに起用されたことが分かった。日本のミュージシャンがグローバルキャンペーンに抜擢されたのは1921年「グッチ」創設以降、およそ100年の歴史で初めての快挙となる。

【写真】クリエイティヴ・ディレクター・アレッサンドロ・ミケーレらと笑顔のMIYAVI

 今回、MIYAVIがグローバルキャンペーンに起用された『Gucci Off the Grid collection』は、同ブランドが初めて本格的に環境へ及ぼす影響を配慮。クリエイティヴ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレがデザインを手掛ける。ナイロンの端材や廃棄物を原材料とする再生ナイロン「ECONYL」をはじめ、再生素材、オーガニック素材、バイオベースの持続可能な原料による素材を使用したコレクションとなっている。

 今回のキャンペーンには、アカデミー賞に輝く女優で活動家のジェーン・フォンダをはじめ、グラミー賞で2部門を受賞したラッパーのリル・ナズ・X、シンガーソングライターのキング・プリンセス、環境保護活動家で冒険家のデヴィッド・ド・ロスチャイルドとグローバルに活動する著名人が名を連ねている。MIYAVIの起用については、ギタリスト、俳優としてだけでなくUNHCR 親善大使として難民支援のために尽力する活動家でもあるというのが大きな要因となっている。

 ジェンダーレスなラゲージ、アクセサリー、シューズ、ウェアからなるコレクションは、6月30日より発売開始。グローバル展開のブラック、オレンジ、イエローのほか、MIYAVI着用のブルーは日本限定カラーになっており、すべて同日展開予定となっている。

■MIYAVIコメント
コロナ、人種差別、難民問題…今、「人と人とのつながり方」そして「地球との向き合い方」を改めて考えるフェーズに来ていると感じます。

今回、そういった世界が抱える問題にファッションの力で向き合おうとしているGucciの皆さんとご一緒できることを光栄に思います。

1月にイタリアでのショーへ出席させてもらい、そこでCEOのマルコ氏、クリエイティヴ・ディレクターのアレッサンドロ氏がクリエイティヴを通じて世界の問題に向き合う姿勢とその強い想いに共鳴しました。

今回の再生ナイロンやバイオベースなど持続可能な原料によってつくられたコレクションも、これからのファッションの在り方として、すごく意義のあるものだと感じています。

音楽家として、被写体として、人道支援活動家としても、ベストを尽くし、務めさせていただきたいと思います。