俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)の最終話が、28日の午後10時から30分拡大SPとして放送されることが決定した。

【動画】マリア・ファミリー全員集結…第8話の最新映像入り予告映像

 同ドラマは『海月姫』『東京タラレバ娘』で知られる東村アキコ氏の初サスペンス漫画を実写化。変わり者の私立探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼“マグダラのマリア”へと変貌した主婦と対決するストーリーを描く。

 14日に第7話から放送を再開した同ドラマ。21日には第8話が放送されるが一足早く、最終話の場面カットが到着した。レストランのような場所で純白のドレス姿の苺(小芝風花)、正装の黒のドレスに身を包み挑発的な視線を送るマリア(小池栄子)…。果たして明智(中村)が運命をともにするのは、どちらなのか、ラストまで息を呑む展開が続く。

 第8話では、地下アイドルのココ(武田玲奈)がストーカーの田畑(森永悠希)に食べさせたのは、一度症状が改善した後7日後に死に至る猛毒のキノコ“ドクツルタケ”だと気づいた明智。病院へ急ぐが、消えた田畑の代わりに現れたマリアから、次は苺を殺すと告げられる。

 明智は苺を守るため、「事務所で一緒に暮らさないか」と提案。みどり(仲里依紗)が加わったマリア・ファミリーが不穏な動きを見せる中、行方不明の田畑が死を迎える運命の7日目が訪れる。マリアに会うと言って出かけたココの後を追う明智と桃子(富田望生)だったが、その頃、苺の身にはマリアの黒い影が近づいていた…。

 なお、現在公式YouTubeでは第7話の振り返り動画『5分でわかる! 『美食探偵 明智五郎』第7話』が配信中となっている。