浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ新スポット『東京ミズマチ』があす18日にオープンするのを前に、メディア向け内覧会が同所で行われた。

【写真】ライトアップされた新スポット『東京ミズマチ』

 同所は、浅草駅からとうきょうスカイツリー駅間の鉄道高架下にできた複合商業施設。隅田公園と北十間川の親水テラスに囲まれ、商業施設や宿泊施設が一体となっている。ウエストゾーンとイーストゾーンにわかれており、ウエストゾーンがあすから順次開業。イーストゾーンは7月以降に開業する。

 ウエストゾーンは、カフェダイニングやレストラン、和菓子・甘味処など主に食事を楽しめる店舗が並んでいる。イーストゾーンは、宿泊施設やコンビニ、スポーツ施設のほか、墨田区の産業支援施設など、官民が連携した施設などが用意されている。

 さらに、同施設のオープンにあわせて、隅田川橋梁に新たな歩道橋『すみだリバーウォーク』も開放。年間観光客が約3000万人の浅草とスカイツリータウンを結んでおり、同エリアの連携を強化した。

 通行料は無料で、隅田川の水面を望めるガラス床なども用意されている。さらに、既存の隅田川橋梁のデザインをスカイツリーに採用している「スカイツリーホワイト」を基調とした色に変更し、夜間はスカイツリーと同様のライトアップがされる。開門時間は午前7時から午後10時まで。