お笑いコンビ・爆笑問題、タレントのテリー伊藤、岡田結実、山之内すずらが24放送のTBS系『サンデー・ジャポン』に出演。恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演中の女子プロレスラー・木村花さん(享年22)の訃報についてコメントした。

【写真】「ごめんね」とインスタを更新していた木村花さん

 番組内では、木村さんに対し、SNS上で多くの誹謗中傷があったと報じた。ABEMAの人気恋愛リアリティーショー『白雪とオオカミくんには騙されない』に出演していた山之内は「特に誹謗中傷を多く受けやすい傾向にある。私にも毎日、数十件、誹謗中傷や個人情報を晒されたりした」と実体験を明かしながら「『テラスハウス』になると見ている方の数も次元が違うし、悲しい言葉も想像を超える数が来ていたと思う。あと何人、誹謗中傷で亡くなれば、誹謗中傷をしている人は愚かさに気づくのだろう…」と無念さをにじませた。

 同世代の岡田も「人の言葉って刃物だということが、人が亡くなって気づくのがすごく悔しい。芸能人だから、顔を合わせないからって叩く人も多い。私も『二世だから』って言われることが多い」「そういうのって『相手にしないほうがいい』、『SNSをやめれば?』って言われるけど、なんでこっち側が遠慮しなくちゃいけないの? 悪いのはそっちじゃんって。やるせない気持ちになります」と憤りを隠せなかった。

 多くの著名人が木村さんの死去を受け、誹謗中傷行為への警鐘を鳴らしている。テリーは「誹謗中傷する人は、自分の弱さ、現状の不満を他人にぶつけてる。その情けなさに気づかないと、直らないよ」と訴えた。