俳優の唐沢寿明が、日本版ジャック・バウアーとして主演を務めるテレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ『24 JAPAN』(10月スタート 全24話)に、女優の仲間由紀恵が出演することが24日、わかった。物語のキーパーソンとなる日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら)を演じる。

【写真】日本版ジャック・バウアーを演じる唐沢寿明

 同ドラマは、日本でも一大ブームを巻き起こした米ドラマ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)の日本版リメイク。本家『24』は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いたドラマ。2001年に放送が始まり、1シーズン(全24話)をかけて1日(24時間)の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイル、そしてスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットシリーズとなった。

 初の日本版リメイク『24 JAPAN』では、“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。

 長いキャリアの中でも“女性総理候補”という役どころは初挑戦となる仲間は、クランクイン前から「すごく緊張しています」と心境をポツリ。演じる朝倉は、慎重かつ聡明。公表したら命取りとなる裏事情を抱えているとはいえ、総理候補として頭一つ抜けた器量が光る人物。「総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが…、頑張ってなりきりたいと思います」と謙虚に意気込みを語った。

 また、主演の唐沢とは、連続ドラマでは初共演となる。仲間は「唐沢さんとご一緒ということで楽しみにしています。前回ご一緒した作品では、最初は、敵対しつつもお互いを理解しながら、一緒に問題を解決していくという感じでしたが、今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたいと思います」とコメントした。