日本プロサッカーリーグは22日、『第7回臨時実行委員会』を開催し、明治安田生命と「特別協賛契約」を結んだことを発表。その中で、村井満チェアマンがJリーグ再開に向けての見通しも明かした。

【写真】ついに顔出し!長友&愛梨の次男「美男子」「こんなに可愛い赤ちゃん見たことない」

 村井チェアマンは「5月29日をめどに、リーグ再開の方向を議論します。最低4週間から5週間の練習期間を確保する申し合わせもしている」と来週にも再開の見通しを決定することを明かした。詳細の日程は決まっていないとし「来週に(再開日を)決議して、練習期間を確定する」と話した。

 選手へのPCR検査については「専門家のみなさまからは、選手を守るためにも検査体制を整えていくことが望ましいと意見をいただいた。具体的にどういう形でできるか、どのくらいのインターバルで(検査を)継続できるかが論点になっていく」とリーグとして検査を導入することを検討するも「医療分野のみなさま、全国での地域事情も考慮しながら」と説明するに留めた。

 選手・スタッフの移動に関しては「飛行機や新幹線の空調関係の技術は高いと聞いているので、毎日の健康管理や選手同士が密接に会話をしなければ危険をともなうものではないと考えている」と問題視しない一方で「隣接する地域のマッチメイクを考慮して開幕を迎えたい」と最初は本拠地が近いチームでの対戦になるとした。

 さらに「県をまたいでの移動は不安を抱える地域もある。最終的には各知事の判断で許可をいただくことになる。各地域の知事や市長、関係者に丁寧な準備をしていることを説明し、受け入れに関しての理解を求めるように働きかけたい」と語った。

 Jリーグと明治安田生命が結んだ特別協賛契約は、同社が実施する「とことん!地元応援キャンペーン with J」と題した、地域貢献活動にクラブと協力しながら取り組むもの。在宅でも取り組めるエクササイズにJリーガーが登場したり、各地域の魅力を伝える映像の製作などにJリーグが協力していく予定。