国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟船内に開設される双方向番組スタジオ『KIBO宇宙放送局(The Space Frontier Studio KIBO)』。この放送局を活用した番組企画を共にゼロからプロデュースする“メインクルー”を、俳優の中村倫也と菅田将暉が担当することが明らかになった。

【写真】菅田将暉の父がブログで公開した兄弟3ショット

 20日深夜2時半ごろには、『KIBO宇宙放送局』で使用する関連機材を搭載した宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)が打ち上げられ、ISSへと運ばれる。20年夏に世界初、地球と宇宙を双方向でつなぐ番組放送(放送予定局:BS スカパー!)の実現にむけ、軌道上にある機器や、今回搭載する関連機材を活用し準備を進めていくという。

 中村と菅田は、本プロジェクトのクリエイティブポリシーである「CELEBRATE DIVERSITY」「FRONTIER SPIRIT」「WE ARE ALL CREW」を体現するのに最もふさわしいとしてメインクルーに選ばれた。

 20⽇深夜2時(予定)より「KIBO宇宙放送局」の公式YouTubeチャンネルにてライブ配信を実施。中村がホストとなって、ゲストとのトークを交えながら打ち上げを⾒届ける。