俳優の神尾楓珠(21)が、23日発売の女性ファッション誌『ViVi』(講談社刊)7月号に掲載される『ViVi国宝級イケメンランキング 2020年上半期』“NEXT国宝級編”1位に選ばれたことがわかった。次世代を担うイケメンたちが結集した同ランキングで前々回・前回(2019年上・下半期)の連続で2位だった神尾が1万8552ポイントを獲得し、ついに1位の座に輝いた。総投票数は過去最多11万票となった。

【貴重ショット】幼い頃からイケメン…神尾楓珠の幼少期写真

 その強い眼差しが印象的な神尾は、もう「イケメン」と呼ばれることはお腹いっぱいですか?という質問に対し、「そんなことはありません。やっぱり外見を褒められると照れ臭い気持ちになりますし、身近な友だちから見たら喜んでいることがバレバレみたいです」と笑いながら等身大なコメント。そんな神尾の撮りおろしベストショットも誌面に掲載されている。

 このほか、“NEXT国宝級編”では第2位にSixTONESの京本大我(25/1万6913ポイント)、第3位にジャニーズJr.・Travis Japanの松田元太(21/1万4575ポイント)、第4位にJO1の鶴房汐恩(19/1万4210ポイント)、第5位にTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人(23/1万2758ポイント)ら、初登場の新星から着々と支持率を上げている実力者まで、次なるブレイクが期待される面々がランクインした。

 なお、“NOW国宝級編”1位にはKing & Princeの永瀬廉が選出。このほか特集では『おうち時間』を楽しませてくれた話題作のイケメンや、美容医学の観点から令和の国宝級イケメンを解剖していく企画、同誌が注目する人気声優やイケメンYouTuberなど、ありとあらゆるイケメンたちをピックアップしている。

 また『国宝級イケメン』企画の常連である吉野と神尾が6ページの特集に登場。撮影現場のスタッフも沸き立つなか、映画『私がモテてどうすんだ』(7月10日公開予定)で共演した2人が“Young Memory Forever!!”をテーマに撮影。ティーンエイジャーの気持ちに戻って遊んだり語り合ったり、存分に“アオハル”したビジュアルとインタビューとなっている。

■『ViVi国宝級イケメンランキング』“NEXT国宝級編”歴代1位受賞者
2016年下半期:竹内涼真
2017年上半期:成田凌
2017年下半期:杉野遥亮
2018年上半期:平野紫耀(King & Prince)
2018年下半期:佐野勇斗(M!LK)
2019年上半期:松村北斗(SixTONES)
2019年下半期:道枝駿佑(関西ジャニーズJr./なにわ男子)