俳優の山下智久が17日、自身のインスタグラムを更新。アカウント開設から1周年を迎え、当時の写真を添えながら「大切な居場所になりました」と感謝の思いを伝えた。

【写真】開設当時の写真で1周年の感謝を伝える山下智久

 山下は「インスタ開始から1年!」と報告し「当時の写真と感謝の気持ちをお届けします」と懐かしい写真をアップ。「皆んなとの繋がりを大切にしたいと続けてきたこの場所は、今は僕にとって大切な居場所になりました」と感慨を語ると「これからもよろしくお願いします。そして、本当にありがとう」と綴っていた。

 開設の記念日だった16日にはインスタライブも実施。「なにせ、ジャニーズ内では前例がなかった。僕もゼロから学んで始めさせてもらった」と振り返り、写真をみながら「思い出深い。何もわからなかったからこそ、最初は勇気が必要だった」としみじみ口にしていた。

 スペインやアイスランド、アメリカ、イタリアでの思い出の写真についてトーク。『コード・ブルー』の撮影中でのオフショットでは「最終回のときの撮影現場ですね。『コード・ブルー』は思い出がたくさんありすぎて…。スタッフ、キャストは友だちというよりは一緒に戦ってきた同志、親戚みたい。今でもグループチャットで『元気か~』って、よくやっています。いい作品、いい仲間にめぐり会えて、ホントに感謝しています」と思い返していた。

 山下は昨年の5月16日にジャニーズ事務所に所属するタレントでは、初めてインスタグラムのアカウントを開設。初投稿は、英語とハッシュタグを交え「これからヨロシク! Im on the Gram !!! Excited to share with you ! #山下智久 #tomo」(インスタグラムを始めました。みなさんとシェアできるのを楽しみにしています!)だった。