俳優の中村倫也が主演する日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)第6話が17日放送される。これまで中村演じる主人公で変わり者の私立探偵・明智五郎が、殺人鬼に変貌した悪女“マグダラのマリア”(小池栄子)の企てる殺人事件を明智が助手扱いしている小林苺(小芝風花)とともに解決に導いてきた。物語も中盤にさしかかり、明智に歪んだ愛情を抱くマリアや、マリアの起こす事件に翻弄される明智、そして明智に恋心を抱く苺の恋模様がいよいよ交錯し始める。

【写真】小池栄子と中村倫也が炎の中でキス

 第6話では実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟・六郎(草川拓弥)と一緒にお見合いをすることになった明智。見合い相手である小早川物産の社長令嬢・紗英(北原里英)に、明智か弟の六郎のどちらかを選んでもらうことになるが、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺が代役を務めることとなる。

 なんとかその場を乗り切ろうとする苺だったが、なぜか六郎本人が登場して大混乱。ところが見合いが終了した直後、突然、明智の前で苦しみだした紗英が急死してしまう事件が発生。そして料亭にはなぜか、フランスから帰国したマリアの姿があった。これまで異国から林檎(志田未来)、シェフ(武田真治)に殺人の指示を出していたマリアがついに明智と再会を果たす。

 前半はドタバタのお見合いの模様が、コメディー要素を多く取り入れながら展開されていく。そもそも、お見合い会場のふぐ料理を扱う料亭目当てだった明智だが、明智のことが大好きな刑事・高橋(佐藤寛太)、上遠野(北村有起哉)も乗り込んできたり、苺の親友・桃子(富田望生)も同じ料亭でお見合いをしており、なんとも個性的なお見合いファッションで乱入したりと、てんやわんや。だが、そんな事態にもいつもどおり冷静な明智の対応もみどころだ。

 ところが殺人事件から雰囲気は一転。犯人はなぜ紗英を狙ったのか、どうやって紗英を殺したのか。グルメの知識が豊富な明智の推理が冴えわたるなか、意外なその思惑が浮かび上がっていく。一方で、明智が本来の自分を開花させてくれたと信じ、彼との“最後の晩さん”を夢見るマリアと、明智に手伝いをさせられているうちに明智に恋をしてしまった苺が対峙することに。マリアと明智の関係にただならぬものを感じた苺は戸惑いを隠せない。

 妖艶なマリアと、純真な苺、正反対の2人が明智の心をどう動かしていくのか。“恋する毒殺サスペンス”をうたう今作の恋愛要素が盛り上がりをみせるなか、来週24日からは地上波未公開のオリジナルシーンを含めた特別編を放送。7話以降は公式SNSにて告知されるとのこと。多くの4月期ドラマが初回さえ放送できないなか、中盤まで楽しませてくれた作品だけに再開が待ち遠しい。