歌手の広瀬香美とお笑いコンビ・どぶろっくが、YouTube上でそれぞれ、お互いの楽曲を披露したことが話題となっている。事の発端は今月8日に、広瀬が自身のYouTubeチャンネルで「どぶろっくさんのもしかしてだけど歌ってみた」をアップしたことで、それにどぶろっくの2人が反応し、アンサーソングとして広瀬の「promise」を熱唱した。

【動画】広瀬香美がどぶろっくの「もしかしてだけど」を圧巻のアレンジ

 レイザーラモンRGの「あるある言いたい」、RADIO FISHの「PERFECT HUMAN」、ピコ太郎の「PPAP」との4択から視聴者からの投票によって、今回の楽曲が決定したことを受け、広瀬は「いやー参ったよ、今回は。なんで、どぶろっくさんの『もしかしてだけど』に入れたの?」と冗談交じりにポツリ。

 続けて「2日がかりでアレンジしたんだよ。こんなに考え込んで生み出したことない」と話しながら「どぶろっくの江口直人さん、すごいよ。お笑いに最強の音楽をプラスしているのね。楽しさが2倍なの」と、どぶろっくの楽曲を絶賛。ネタに絡めて「江口さんはお笑いと音楽の二物を与えられているんだね」と笑わせながら、実際の楽曲に入っていくと、圧巻のパフォーマンスを披露した。

 広瀬の動画がアップされた翌9日、どぶろっくが自身のYouTubeに動画をアップ。「広瀬香美様 僕らのネタを歌っていただきありがとうございます そのお礼に広瀬香美様の名曲『promise』を歌わせていただきます」とのテロップが流れると、森慎太郎のギター演奏で江口が「promise」を歌い上げた。思わぬ交流に、SNS上では「元気出た」「広瀬香美の本気を見た」などの声が相次いで寄せられている。