2016年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた俳優の高知東生(55)が11日、自身のツイッターを更新。ツイッター連続ドラマ『ミセス・ロスト~インタベンショニスト・アヤメ』で俳優業に復帰したことを報告した。

【写真】高知東生のツイート ドラマの予告映像も

 同ドラマはギャンブル等依存症問題啓発週間企画として制作されたもので、高知は依存症を抱えるギャンブラー役として出演している。

 「色んな方から応援と後押しを頂いて、俳優の仕事をまたやることができました。監督から花束を受け取った時は嬉しくて思わず泣きました」と振り返った高知。「事件を起こした俺と仕事をすることはリスクがあるにも関わらず、共演してくれた青木さやかさん、鈴木まりやさん、そしてスタッフの皆様方に心から感謝しています」と述べた。

 また、「俺の復帰を最も喜んでくれ、勇気づけてくれたのは依存症から回復し続けている仲間たちでした。自分が復帰することで『希望をもらえた』と喜んでくれた、薬物依存の息子さんを持つお母さんの言葉。とてもありがたくうれしかったです」と噛み締めた。その上で「このTwitterドラマがまた依存症で悩むご家族の役に立てるよう願っています」と締めくくっている。