人気アニメ『Angel Beats!』『Charlotte』などを作り出したkeyとアニプレックス、P.A.WORKSによる新プロジェクト『神様になった日』が、今年10月から放送されることが10日、発表された。原作・脚本は2作品に続き、麻枝准氏。

【動画】公開された新アニメ!『神様になった日』のティザーPV

 2010年放送の『Angel Beats!』、15年の『Charlotte』から5年。“麻枝准は原点へ回帰する”と銘打ち、あわせて公開された映像では「世界の終わりを見届けるために彼女はひとりの少年を選んだ」と少しだけ内容も発表された。また、ヒロインの名前が“ひな”であることも、わかった。キャラクター原案はNa-Ga氏、アニメーション制作はP.A. WORKS。

 また、プロローグとして24日午後8時30分より、Keyと麻枝氏に迫ったドキュメント番組をTOKYO MXにて放送。同番組のナレーションは声優の緑川光が担当する。さらに、アニメのキャスト、監督も番組内にて発表される。

■ストーリー
神として目覚めた少女・ひなは「世界の終わり」を予見する。そこで彼女はひとりの少年を選ぶ。その終わりまでを過ごし、見届けるお供として――