落語家の笑福亭鶴志(本名:冨松和彦)さんが8日午前0時54分、心不全・腎不全のため大阪府内の病院にて死去した。64歳だった。同日、所属事務所の松竹芸能が公式サイトで報告した。

笑福亭鶴志さんのプロフィール

 笑福亭鶴志さんは、1974年6月、笑福亭松鶴師に入門。77年1月、新花月にて初舞台。82年『第3回ABC落語漫才新人コンクール』最優秀新人賞、97年『大阪文化祭賞』奨励賞を受賞。朝日放送『わいわいサタデー』や『ザ・ビッグ』、サンテレビ『大人の絵本』、京都放送『鶴志のナイスキャッチ』などに出演した。

 通夜は10日、告別式は11日に家族葬で営まれる。

 また、同日には、上方落語協会の会長・笑福亭仁智(67)も協会を通じてコメントを発表。「口は悪いですが、スポーツマンらしく先輩を立て後輩の面倒見がよく、たくさんの若手を育ててくれました。若い頃は、よく落語を肴に朝まで飲みました」と、鶴志さんとの思い出を回顧。

 「まだまだこれから鶴志さんの落語で、笑福亭の存在感を高めてくれると期待していたので残念でなりません。大好きな六代目松鶴師匠と好きなお酒を飲んでゆっくり休んでください」としのんだ。