『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのディオ/DIO役などで知られる声優の子安武人が、フジテレビ系などで放送中のテレビアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』第6話に登場する新キャラクター・ボリス役を務めることが発表された、

【画像】『ジョジョ』ディオ様の風格?演じるキャラ・ボリス

 獣人特区アニマシティにやってきた『銀狼教団』の執行長であるヘビ獣人・ボリスは、なずなに対するねっとりした態度のせいで、みちるに気味悪がられてしまう。そんな彼とその『銀狼教団』は物語を今後大きく動かしていく。

 出演が決まり子安は「さて、一体どんな役割なのだろう?楽しいといいな」とし「底知れない何かを表現したいです」と意気込んでいる。

 同作は、“人類”と“獣人”が共存する社会が舞台で、獣化遺伝子・獣因子を持つ獣人たちは、近現代の自然の消失により住処を追われ、人類の前に姿を現した。各国が共存のための対応に追われるなか、日本では獣人が獣人らしく生きるための獣人特区『アニマシティ』が設置される。その中で、ある日突然タヌキ獣人になった主人公・みちるは、『アニマシティ』で、オオカミ獣人・大神士郎と出会い、予想もしていなかった大きな出来事に巻き込まれていく。