フジテレビ系バラエティー番組『突然ですが占ってもいいですか?』(毎週水曜 後10:00)が、きょう6日に放送。占いの様子をスタジオで見守るフォーチュンウォッチャーの沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)が、巫女(みこ)の血筋を持つ天星術の開祖で、多くの芸能人の運勢も占ってきた、星ひとみとリモートで対面する。

【写真】最新水着姿で超絶美ボディ披露するみちょぱ

 前回の放送から初めて登場し、天星術、姓名判断、手相を組み合わせて運勢を占っていく星の、見事な“LOCK-ON(的中)”ぶりに驚愕(きょうがく)させられた3人が「(占いでは)人の寿命は決まっているのか?」「何を見ているのか?」「自分のことも占えるのか?」など、星に聞いてみたかった素朴な疑問を次々とぶつけていく。

 手相や画数などについて詳しく教えてもらうほか、人を占うときの強い目力の秘密や、「誰でも運命は変えられる」という持論など、星の占い師としてのプロ意識の高さを見せつけられた3人は感心しきり。モニターの画面越しでも占うことができると星が言い出すと、みちょぱが「怖いから占わないで~(笑)」と懇願する一幕も。そんなみちょぱに、星は「画数を変えれば、タレント生命が長くなる」と新しい名前をアドバイスする。