新型コロナウイルスに感染していたことが判明した元NHKアナウンサーで現在フリーの住吉美紀(47)の所属事務所は3日、公式サイトを通じて、住吉アナが退院したことを報告した。

【写真】先月15日にはテレワークを報告していた住吉美紀アナ

 所属事務所のホームページは「4月19日に高熱、肺炎のため入院、22日に新型コロナウイルスへの感染が確認され、治療を続けて参りましたが、症状が安定したとの医療機関及び保健所のご判断のもと、退院、自宅療養となりましたことを、ご報告させていただきます」と説明。

 今後については「一定期間(原則2週間)、医療機関及び保健所の指示に従い、自宅にて経過観察を続けます。活動再開時期につきましては、本人の状態、関係各位と協議の上、決定していきたいと考えております」とし「入院中も、絶える事なく応援してくださったファンの皆様、リスナーの皆様、全力で治療に携わっていただきました医療従事者の皆様へは、心より感謝申し上げます」とつづった。

 住吉アナは、4月16日に発熱、その後、高熱が続いたため、電話での問診の上、19日早朝、都内医療機関にて受診。CT検査を行ない、肺炎と診断され、緊急入院。その後、新型コロナウイルスに感染していたことが判明していた。