お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、26日深夜放送のニッポン放送『岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木曜 深1:00)に出演。一昨年から行われている「岡-1グランプリ」で、2年連続優勝という好成績を収めているミキの昴生が、今年の同大会への出場辞退を宣言したことを受けて「もうエントリーされているんで、辞退できない。自動更新と同じですから」と強制参加を伝えた。

【写真】令和初の『岡-1グランプリ』出場者の集合ショット

 今月18日のDVD発売記念インタビューで、昨年の『岡-1』を密着取材したORICON NEWSの記者が質問をぶつけると、昴生は「その質問は受け付けへんよ」とこぼしながら「なんか予選から出ているみたいになっていますけど、今年は出てない。言っときます。辞退してます」と宣言。しかし、毎年スケジュールの都合がつかず、ツイッターから感想を届けている亜生は「やっぱり、今年もね…」と兄の3連覇に期待を寄せた。

 この日の放送で、リスナーを通じて昴生の辞退宣言を聞いた岡村は「(“女子高生”のイントネーションで)“ミキ昴生”さんの場合は、シードになっていますから。3回戦からですので。ちゃんと仕上げておいてほしい」とエール。「審査員も審査されていますけど、そういう意味では僕が一手に引き受けていますから、一歩間違ったら僕も叩かれるので、怖いですよね」と率直な思いを打ち明けた。

 その上で「今年もやります。12月に。無観客です。お客さんは1回も入れたことないですけど、一応プレスとしてオリコンさんは入れます。いち早く来ていただいて、ネットに書いていただいてっていう風に思っています」と開催を明言。「ミキ昴生さんも3連覇がかかっていますから。ホンマは亜生に来てほしいですけど、亜生は漏れているんですよね。違うところに書類を出しているんですかね」と不思議がった。

 岡村の発言にミキの2人がツイッターで反応。亜生が「今年の岡-1グランプリ2020も予選で敗退してしまいました。応援してくださったみなさま、申し訳ありません。力及ばずでした。敗者復活戦にかけます」と意気込む一方、昴生は「なんや自動更新て!! こっちが辞退してるんやから辞退やないか!! 中止せえ!! 岡-1中止せえ!! ほんでいつも女子高生みたいに呼ぶな!!」と猛抗議した。

 さらに、岡村がこの反応をラジオで触れ「何かツイッターでツッコんではりますよ。絶好調ですね。このまま決勝でも頑張って優勝してほしい。つぶやくというツールの中でものすごくツッコんではるんですから。懸命にツッコんでいるミキ昴生さんですけど、好感持てますよね。ああ見えて、2人の漫才をひとりでやる時にYouTube見てけいこしているというところ。好感を持てます。10点。早くも10点入れさせていただきます」と高評価。

 昴生は再びツイッターを更新し「つっこんではるとか言うな!! おれのつぶやき解説すなよ!! なんやつぶやくというツールて!! 勝手に評価すな!! YouTubeのこと言うなや!! 10点いらん!!」「はっきり言います!! 辞退です!! 僕は岡-1を辞退します!! シード権、剥奪してください!! ドラマ最高やったわ!!」と訴えていた。

 早くも火花が切られた年末の『岡-1グランプリ』。昴生の三連覇は実現するのか。なお、この大会は毎回“全出場者が優勝”という結果となっている。