韓国人歌手のジェジュンとタレントのMattが、28日発売の女性ファッション誌『with』5月号(講談社)に登場。親友の2人が「2020 スペーシーメカニカル WORLD」をテーマに未来感にあふれるフォトセッションに挑んだ。

【写真】『with』5月号で表紙を飾る平野紫耀

 撮影当日に編集部が用意したのは「進化を約束された存在」のペッパー君やAIBO、はたまた、どこか懐かしくて人間味あふれるレトロフューチャーなロボット着ぐるみなどの共演者たち。各々の個性が爆発するジェジュン&マットとの豪華コラボが実現した。

 インタビューでは、ジェジュンが「数々の歌番組で共演するたび、『あれ、僕たちいつユニット組んだのかな?』と勘違いしそうになるほど、最近は二人はしょっちょう一緒にいるんです」と明かし、「マットは宇宙人ぽいけど、中身はすごく純粋で人間臭くて、素直でいい子なんです。実際に会ったら、みんなが好きになっちゃうんです」とMattの魅力を語った。

 一方のMattも「さわやかなのにセクシー。一緒にいるとその気づかいにしびれます。フリーハグをやったときも小道具をジェジュン様が自らそろえてくれたり…」と一面を紹介。初共演を終えた感想を「演奏が終わった後、ママと2人で泣きながらハグしました。こんな奇跡はないと思いました」と振り返った。

 同号にはそのほか、元宝塚男役トップスターの明日海りお、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーなどが登場。表紙を飾ったのは人気グループ・King & Princeの平野紫耀。