ワールドカップを制覇し、数々のタイトルを獲得した史上最高のサッカー選手ディエゴ・マラドーナの貴重な秘蔵映像とともに、彼の波瀾万丈な人生を描く映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』(6月5日公開)のポスタービジュアルが解禁された。

【写真】SSCナポリ時代のマラドーナ

 この度解禁されたポスタービジュアルには、自信に満ちあふれながらもどこか寂し気なマラドーナの顔半分が大きく配置され、インパクトは十分。「神か悪魔か――」のキャッチコピーとともに、上段にメキシコW杯で優勝を成し遂げた時の写真、下段はコカインの使用で逮捕された時の写真を使い、スーパースターの顔と、マフィア、愛人、コカインでマスコミを騒がせたトラブルメーカーの顔という、マラドーナの表と裏とも言える“二つの顔”を表現したビジュアルとなっている。

 監督・製作総指揮を手掛けたのは、『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、『AMY エイミー』でアカデミー賞受賞を果たした、英国のアシフ・カパディア監督。

 本作では、マラドーナ本人の完全な協力を得て、500時間の貴重な秘蔵映像と共に、栄光と挫折を繰り返す天才の光と影が明かされる。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネートなど、すでに世界中で高く評価されている。

 また、エースの証の背番号10番とマラドーナの名前が刻まれた、SSCナポリのユニフォームにインスパイアされたオリジナルステッカー付ムビチケカード(1500円・税込/数量限定/一部劇場を除く)、アルゼンチン代表のユニフォームにインスパイアされたオリジナル待受付ムビチケオンライン券(1500円・税込)が3月27日より発売される。