女優の仲里依紗が、4月12日スタートする中村倫也主演の日本テレビ系連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。連続殺人鬼・自称マグダラのマリア(小池栄子)の指示で、シェフこと伊藤(武田真治)とともに夫の遺体を“解体”しようとする、れいぞう子こと主婦・桐谷みどり役に起用された。

【写真】真紅のスーツを着こなす中村倫也 原作書影も

 同ドラマは『海月姫』『東京タラレバ娘』で知られる人気漫画家・東村アキコ氏の初サスペンスを実写化。私立探偵・明智五郎(中村)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦“マグダラのマリア”と対決する恋する毒殺サスペンス。今回、ゲストとして小池演じる自称“マグダラのマリア”に背中を押され殺人に手を染める役として第1話&第2話に志田未来、第3話に武田真治、そして第4話に仲が加わる。

 みどりは結婚当初、愛する夫のために心を込めて料理を作ろうと意気込む心優しい妻だったが、当の夫は母親の料理ばかりを好み、いつしか冷蔵庫は姑から送られてきた料理でいっぱいに。そんな夫に耐えられず、殺人に手を染めてしまう。ネットでマグダラのマリアと出会い、マリアが助っ人として送った伊藤とともに、夫の“解体”を試みるというキャラクター。
 
 この猟奇的な行動をとる役柄について仲は「最近は、明るい役が多かったので、久しぶりに地味な役をいただいたかなと思ったら、すごいことをやってしまう人でした」と驚いた様子。「幸せだった夫婦が一転します。その裏に何があったのか、是非観ていただきたいです。そして、先々、マリア・ファミリーとしてどうなっていくのか、私自身も今からとても楽しみです」と今後のストーリー展開に期待を寄せている。