テレビ朝日系反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特別編が27日(後11:15~深0:15)に放送される。今回は、お笑いタレント・カズレーザー(メイプル超合金)が“先生”として登壇し、国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』の“しくじり”を解説する。

【写真】生徒役で小坂菜緒、小宮有紗、ぺこぱが初登場

 『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。シリーズ作品も多く制作され、プラモデルも大人気だが、実は作品が評価されたのはアニメ放送終了後のこと。放送当初は人気がふるわず、全52話を予定していたにもかかわらず、9話も短縮され、43話で打ち切りとなっていた。しかし、1年後の再放送で人気に火がつき、劇場版の制作へとつながっていった。なぜ最初の放送時に人気が出なかったのか!? カズレーザー“先生”がその理由を、「子どもたちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と指摘する。

 授業では、カズレーザー“先生”が、『機動戦士ガンダム』に秘められた“4つのしくじり”を分析。それまでのアニメのヒーロー像とはまったく違う主人公アムロ・レイのしくじり言動、子どもたちを困惑させた敵役、シャア・アズナブルの意味不明なせりふなどを紹介。一方で、そんな『機動戦士ガンダム』のしくじりこそが、作品の評価を高めたポイントでもあると主張する。カズレーザー“先生”が『機動戦士ガンダム』から導きだした、大事な教訓とは!?

 今回は、生徒役で小坂菜緒(日向坂46)、小宮有紗、ぺこぱが番組初登場。カズレーザー“先生”が語る名作アニメのしくじりに衝撃を受ける若い世代も。インターネットの『Abemaビデオ』では、地上波放送直後の深夜0時15分から“授業完全版”を配信。今回の授業完全版は1週間、無料配信される(※その後は1年間、有料で提供)。