俳優の唐沢寿明が、日本版ジャック・バウアーとして、リメイク作品『24 JAPAN』の主演を務めることが明らかになった。日本でも一大ブームを巻き起こした米ドラマ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)の日本版リメイクの製作が報じられてから約1年。さまざまな憶測が飛び交ってきたが、今年10月からテレビ朝日系列で全24話が放送されることが決定した(※放送枠および、放送期間は未定)。唐沢はテレビ朝日のドラマ初主演となる。

【写真】本家“眠らない男”ジャック・バウアー

 本家『24』は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いたドラマ。2001年に放送が始まり、1シーズン(全24話)をかけて1日(24時間)の出来事をリアルタイムで描く革新的なスタイル、そしてスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットシリーズとなった。

 唐沢もオリジナル版の大ファンだった。「『24』は何十回も見た作品。当時はジャック・バウアーの同僚トニー・アルメイダが好きで、自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には『アルメイダ』と名乗って出ていたんですよ(笑)」と明かす。それゆえに「俳優生命を懸けて取り組みます! 日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたい」と気合十分。きたる撮影に向けて準備も万全で、「急にアクションシーンが来てもケガをしないよう、護身術を混ぜた結構ハードなトレーニングもして備えている」と話している。

 初の日本版リメイク『24 JAPAN』では、“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。

 唐沢が演じるのは、日本版ジャックにあたる獅堂現馬(しどう・げんば)。CTU第1支部A班の班長として、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すため、必死に戦う。

 これまでさまざまな名作のリメイク版で主演を張ってきた唐沢。「リメイク作品をやると発表されるたびに、いつもさまざまな意見をいただきます。『白い巨塔』のときも『唐沢にできるわけないだろ!』って、最初は言われましたから(笑)」と、過去の逆風スタートを振り返る。

 最終的には「唐沢寿明で本当によかった!」と世間に言わしめる圧倒的な芝居で、次々と逆境を飛び越え、いずれの作品も大成功に導いてきた。今回は『24』の日本版リメイクということで、「今回は僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない(笑)? でも、自分より下の世代の子たちが今後、海外作品のリメイク版にもバンバン挑戦できる環境を整えるためにも、先陣を切る役目は僕が買って出ますよ」と、闘志に満ちた熱い思いを吐露。

 「とにかく、まずは『24 JAPAN』を見てください。そこでもし『日本人のみんなも頑張ってるね』と思っていただけたら、逆に応援してほしいんです。視聴者の皆さんとも一緒に『24 JAPAN』を作りたい――そう考えていますので、意見もどんどん出していただきたいと思います」と、呼びかけた。“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も織り交ぜながら、最大スケールで展開する“日本初のリアルタイムサスペンス”。こん身の芝居で盛り上げていく唐沢の“新たなる戦い”にも注目だ。

■唐沢寿明のコメント

 『24』は何十回も見ていた作品。当時はジャック・バウアーの同僚で、哀愁漂うトニー・アルメイダが好きで、自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には「アルメイダ」と名乗って出ていたんですよ(笑)。だから、日本版リメイクの出演オファーを受けたときは「あの『24』をリメイクするんだ! まさか自分が日本版ジャック・バウアーをやるとは…」と、ずいぶん驚きましたね。

 僕は過去にもリメイクもので何回か主演を務めてきましたけど、リメイク作品をやると発表されるたびに、いつも様々な意見をいただきます。『白い巨塔』のときも「唐沢にできるわけないだろ!」って、最初は言われましたから(笑)。今回は僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない(笑)? でも、批判や意見は何をやっても付いて回るものですから、気にしていても仕方ない。

 オリジナル版が本当に面白いから、そのファンの方も当然たくさんいる。それだけの思いがあるのも当然のことだと思います。自分自身も本当に大好きな作品だから、思い入れも人一倍あります。こんなにも各登場人物が主人公に負けない存在感を出せる作品と巡り会えるチャンスもなかなかありませんし、出演者一丸となって、日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたいです。それには、撮影を乗り切るための準備が絶対的に必要。急にアクションシーンが来てもケガをしないよう、通常のトレーニングに加え、護身術を混ぜた結構ハードなトレーニングもして備えています。

 どの作品も毎回そうですけど、今回も俳優生命を懸けて取り組みます! 自分より下の世代の子たちが今後、海外作品のリメイク版にもバンバン挑戦できる環境を整えるためにも、先陣を切る役目は僕が買って出ますよ。とにかく、まずは『24 JAPAN』を見てください。そこでもし「日本人のみんなも頑張ってるね」と思っていただけたら、逆に応援してほしいんです。視聴者の皆さんとも一緒に『24 JAPAN』を作りたい――そう考えていますので、意見もどんどん出していただきたいと思います。