お笑いコンビ・海原やすよ ともこが23日、大阪・ABCテレビで新番組『やすとものいたって真剣です』(4月2日スタート、毎週木曜 後11:17~深0:17※関西ローカル)の初回収録を行った後、取材に応じた。1回目の“いたって真剣ゲスト”は、やすともが弟分のようにかわいがってきたM-1王者のミルクボーイ。姉・弟のような4人の関係性がよくわかる収録&会見となった。

【写真】番組キービジュアル

 番組は、毎回、週替わりの“いたって真剣ゲスト”(=お笑い芸人)が登場。やすともが彼らの人生にまつわるさまざまな話題でトークするバラエティー。さらに、いたって真剣なその道のスペシャリスト(アーティストやスポーツ選手、職人など)に密着取材し、スタジオにゲストとして迎えるコーナーや、いたって真剣に恋愛をしたい男女が無人島で恋愛サバイバルに挑む「恋愛島」のコーナーなども放送していく。

 初回収録のオープニングでは、「ナイトinナイト」枠で番組を持つことができることを喜び合ったやすとも。ミルクボーイは、漫才やM-1、人生について語る。実は、やすともの“一言”がミルクボーイを漫才へと奮起させたそうで、やすともが発言の真意を明かす。

 収録後、「この枠は、いつかはできたらいいなと思っていたけど、まさか本当にやらせてもらえるとは思っていなかった」と喜ぶともこに、やすよも「何年かぶりのうれしいお話で、気持ちがグッとなりました」と、心境を語った。

 タイトルについては、「仕事もプライベートも真剣に、全力で楽しんできた。それをタイトルにしてもらえたのでうれしいです」と話すともこ。やすよは「誰もが欲しい枠をいただくチャンスをもらったので、スタッフと私たちで真剣に話をさせていただき、考えました」と、番組への取り組み方も真剣そのもの。

 「番組MCについては、私たちは私たちのやり方で」というやすよに、ともこは「やすよに関しては、キッチリやろうとすればするほど面白くなる人。この感じで、私らの色が付いていけばうれしい」と話す。

 番組では週替りでゲストやプロフェッショナルが登場するが、「芸人トークでは、私たちが興味のある芸人さんや、他ではしないような話を真剣に話していただける人に来てもらえるとうれしい」と、期待。一方、ドキュメンタリーが好きなやすよも「ジャンルを問わず、真剣に取り組んでいる方の仕事ぶりを知りたい」と、楽しみにしているようだ。

 また、収録では「これまでかわいがってもらってきたので、いつか恩返しがしたかった」と感謝していたミルクボーイ。記者たちからは、内海崇に交際中の彼女との結婚の質問が飛ぶ一幕も。駒場孝から「『ナイト』の枠は『過ぎる』とか『今ちゃん』と、番組名を略して呼びますけど、どうします?」と、質問が出て、略称を考えることに。「いた真」「いた剣」「真剣」の3案から、「(ともこが出演中の)『正義のミカタ』は『正義』と呼ばれて、漢字で人気が出たから、それにあやかろう」というやすよの提案で、「真剣」に決定するかも?

 なお、初回のその道のスペシャリストはなかなか予約が取れない焼肉店を経営する“焼肉職人”が登場。 第2回放送分では、かまいたちとメイクアップアーティストのピカ子をゲストに迎え、密着&トークを展開する予定だ。