俳優でサックスプレイヤーの武田真治が、芸能生活30周年記念に24年ぶり3枚目のソロアルバム『BREATH OF LIFE』を5月27日にリリースすることが決定した。

【写真】ノースリーブのスーツにトラ柄のネクタイでサックスも生演奏した武田真治

 本作にはサックスプレイヤーとしてのみならず、武田真治のあらゆる魅力を余すことなく集約。日本テレビ系『有吉ゼミ』のコーナー『武田真治の筋肉リズム体操』テーマ曲第1弾「Fight for Love」、第2弾(タイトル未定)のフルバージョンをはじめ、NHK『ニュースきょう一日』テーマ曲のセルフカバー「lux illumina」、テレビ東京系『テレビ東京 ゴルフ中継』テーマ曲「INTO THE ZONE」、自身主演映画『今日からヒットマン』(2009年公開)テーマ曲「THE HITMAN」のリメイクを収録。

 さらに、武田がサックスを始めるきっかけとなった憧れのプレイヤー・藤井尚之(F-BLOOD/元チェッカーズ)がゲスト参加するツインサックス曲「Steppin' Wolf」、元Fried Prideのジャズシンガー・Shihoが参加する唯一のボーカル曲「Wonderland Tonight」、俳優・内田朝陽との共作曲「SUMMER BREEZE」など全13曲が盛り込まれる。

 武田は「およそ四半世紀ぶりのソロアルバムの制作はとてもエキサイティングなものでした。インストアルバムとして、これほどのスリリングでハッピーなものは、なかなかないのでは?と自負しております!ちょっと暗いこのご時世を少しでも明るくできたらと願い完成させました。よろしくお願いします!!」とアピールしている。