7月17日より公開を予定していた映画『ミニオンズ フィーバー』が、新型コロナウイルスの影響により全世界で公開が延期されることが決定した。

【動画】『ミニオンのミニミニ脱走』“ミニ”本編映像

 製作会社イルミネーションの創業者のクリス・メレダンドリCEOは「フランスにおける状況が重大化していることを受け、パリのイルミネーション・マック・ガフ・スタジオを一時的に閉鎖しております。 我々はフランス政府のガイドラインを遵守し、ウイルスの感染拡大を遅らせるための可能な限りのことを行い、我々の製作スタッフとその家族を守ります」と説明。

 スタジオの一時閉鎖により「これは6月下旬から7月上旬の全世界での公開に間に合うように『ミニオンズ フィーバー』を完成させることができなくなることを意味します」といい「この重大な局面に取り組んでいますが、何よりも従業員の安全と保護を重視しなければなりません。 グルーとミニオンたちの帰還に相応しい新たな公開日をお伝え出来るのを楽しみにしています」とコメントを発表した。

 15年に公開された前作『ミニオンズ』は、『アナと雪の女王』『インクレディブル・ファミリー』に次ぎ、アニメーション作品で全世界興収歴代3位、日本でも52億円を記録した。今回は70年代を舞台に、みんなを守る兄貴分・ケビン、バナナのことで頭いっぱいのスチュアート、弱虫なボブの3人を筆頭に、ハチャメチャな大騒動を巻き起こす。