テレビアニメ『86-エイティシックス-』のキービジュアルとスタッフ&キャスト情報が23日、公開された。アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズを手掛けるA-1Picturesが制作を手掛ける。

【動画】アニメ『86』の迫力あるPV…少年少女2人の物語

 同作は、第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作で、死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語。

 シンエイ・ノウゼン役を千葉翔也、ヴラディレーナ・ミリーゼ役を長谷川育美が担当。監督を石井俊匡氏、キャラクターデザインを川上哲也氏、シリーズ構成を大野敏哉氏が務める。

■あらすじ
サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう、表向きは。本当は誰も死んでいないわけではなかった。

共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる。