『攻殻機動隊』シリーズ初のフル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』が、Netflixで4月23日より全世界独占配信されることが決定した。あわせて最新PVとなる最終予告編とキービジュアルも公開された。

【画像20枚】素子、バトー…公開された各キャラクターのビジュアル

 キービジュアルには、主人公・草薙素子と、彼女が所属する公安9課の荒巻大輔、バトー、トグサ、イシカワ、サイトー、そしてタチコマが描かれている。また、タチコマのメンテナンス等を担当する新メンバー・江崎プリン役を潘めぐみ、草薙率いる部隊に所属する傭兵・スタンダード役を津田健次郎が担当する。

 同作は、情報ネットワークとサイボーグ技術の発達により人々の意思が“電脳”につながれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身サイボーグの主人公・草薙素子率いる組織・攻殻機動隊の姿を描いた物語。

 1989年に士郎正宗氏が発表した漫画を原作にしたもので、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治氏と、荒牧伸志氏によるダブル監督。アクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術を導入した演出と3DCGによるフォトリアルなビジュアルで新しい物語を描く。