俳優の鈴木福(15)が19日、自身のブログとインスタグラムを更新し、同日に中学校を卒業したことを報告。卒業式は縮小になったが「少し寂しかったけど逆にすごく楽しい卒業式になりました! 卒業式の用意をしてくれた学校のみんな、先生方、ありがとうございました。僕らも、保護者のみなさんも、先生方にもいろいろ思い出に残る卒業式でした」と胸中をつづった。

【写真】制服姿で卒業報告…友人との仲良しショットを公開した鈴木福

 「最高の3年間」のエントリーで鈴木は「いま、コロナウイルスによって皆さんの状況が様々だと思います。でも、今の気持ちをみんなに伝えたいのでか書かせてください」とつづり「今日、中学校を卒業しました!」と報告。「3年間あっという間に過ぎてしまいました(笑)1年の頃は中学の雰囲気に少しずつ慣れていき、たまに怒られることもあったけど、楽しい時間を過ごせました! 青春してたかな?(笑)」と、2年生、そして3年生の時を振り返り、その時の思いを記した。

 続けて「野球部のみんな! いつも頑張っているみんなと違い、毎回行けない僕を優しく迎えてくれて、一緒に野球できて嬉しかったし楽しかった! 都大会にも連れていってくれてありがとう!」と感謝。「先生にはたくさん叱られたしトレーニングもきつかったりしたけれど、本当に最高の時間をくださいました! 先生に教わったことを大切に、これから頑張ります」と決意を新たにした。

 「3年間で一生友達でいたい人がたくさんできました! 本当に幸せ者だ!!」とした鈴木。「僕がお仕事を楽しめているのも、学校があってみんなに会えて、みんなが応援してくれて、見たよ!とか言ってくれるで、それが僕の幸せで、この3年間は特に力の源は友達でした! みんな本当にありがとう! 大大大好き!!!!」と思いを伝えた。

 最後は支えてくれるファンにも感謝しつつ「そしてお父さん、お母さん、本当にありがとう。みんなと離れる寂しさよりも、2人に支えてもらった3年間を思い出す方が泣きそうです(笑)これからもよろしくお願いします」とメッセージ。「これからは義務教育が終わり、自分の今と将来と自分や周りのみんなの幸せためにもっと頑張っていきます。そのためにはたくさんの人の支えが必要です! みんなこれからも鈴木福をよろしくお願いします!!」と呼びかけた。

 鈴木は、2011年にフジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』に出演し話題に。その後、ドラマ、CM、映画と多数の作品で活躍する。